• ホーム
  • アトピーにも効くザイザルの効果と副作用

アトピーにも効くザイザルの効果と副作用

ザイザルは、皮膚炎などに効果が期待できるといわれていますので、アトピー性皮膚炎の治療にも使用されています。
また、アトピーなどの皮膚炎だけではなく、鼻炎やくしゃみ、鼻づまりの症状にも効くといわれています。
そして、ザイザルは、効き目が早くあらわれて、1日中持続するという特徴がありますので、即効性と持続性にとても優れているといわれています。

特にアトピー性皮膚炎の場合には、かゆみを抑える効果が期待できるといわれています。
これらの効果を最大限に引き出し、一時的に効果が切れることを防ぐためにも、毎日同じ時間に服用することが大切といわれています。

一方、ザイザルには、副作用が全くないというわけではありませんので、使用の際には注意が必要です。
具体的な副作用としては、眠気や倦怠感があげられます。
また、口の中が渇いたり、吐き気や食欲不振があがられています。
さらに、血液に関しては、好酸球増多や肝臓のALT(GPT)や、AST(GOT)が上昇するといった副作用が生じる場合もあるといわれています。

その他の副作用としては、精神神経系では、頭痛や頭重感、しびれやめまい、浮遊感がまれに生じるといわれています。
また、消化器では、胃の不快感や下痢、便秘、消化不良、嘔吐、味覚異常、循環器では、動悸や血圧上昇、不整脈などの症状が副作用としてまれに生じるといわれています。
発生する確率は低い重篤な副作用には、ショックやアナフィラキシ―、痙攣、肝機能障害、黄疸、血小板が減少するといった症状もあげられています。

特に眠気に関して、ザイザルは眠気が比較的現れにくいといわれていますが、眠気が生じることがあります。
ザイザルを使用している期間は、自動車の運転や危険を伴う機械の操作は避けることが基本的な注意点といわれています。
また、ザイザルとお酒を同時に飲むことによって、ザイザルの効果が強くなってしまう危険性がありますので、服用中は飲酒を避ける必要があるといわれています。

ザイザルが買えるのはネット総合病院などの通販

このように、アトピー性皮膚炎などの皮膚炎や鼻炎やくしゃみ、鼻づまりなどの症状に効くといわれているザイザルは、病院で診察を受けて、処方を希望することができます。
また、ザイザルは、ドラッグストアや通販サイトでは購入することができませんが、専門的に扱っている通販サイトであれば、購入することができるといわれています。
専門的にザイザルを扱っている通販サイトとしては、ネット総合病院があげられ、この通販サイトは、医師による処方箋が不要で、24時間受付をしており、送料や手数料が無料という特徴があります。

また、このネット総合病院では、お客様の個人輸入における手続きを代行しているという特徴もあります。
この個人輸入とは、一般的には、海外の製品を個人使用の目的として小売店やメーカーから、通信販売で個人が直接購入することを意味しています。

具体的な方法としては、直接海外の通信販売サイトやメーカー、小売店などから購入するか、個人輸入代行サイトを通じて購入する方法のいずれかになるといわれています。
そして、日本国内では入手することが困難な製品であっても、手に入れることができ、日本で購入するよりも安価で購入することができるという特徴があります。

ですから、日本においてザイザルは、ドラッグストアや一般的な通販サイトでは購入することはできませんが、ネット総合病院は、ザイザルなどの製品を専門的に取り扱っていますので、購入することが可能です。
また、ネット総合病院は、24時間受付をしているだけではなく、医師による処方箋が不要で、手数料や送料が無料という特徴がありますので、手軽にザイザルを買うことができるという大きな特徴があります。