• ホーム
  • オロパタジンはドラッグストアにも売っている?

オロパタジンはドラッグストアにも売っている?

オロパダジンは抗ヒスタミン薬に分類される薬で、アレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚のかゆみなどの治療に用いられる薬です。
オロパダジンを含有する医療用の飲み薬はアレロックという商品名で販売されています。

また、アレルギー性結膜炎の治療に用いるオロパダジンを含有する目薬も存在しています。
医療用のオロパダジンの点眼液はパタノール点眼液という商品名で販売されています。
オロパダジンは体内でヒスタミンの働きを抑えることでアレルギー症状を改善する効果を発揮します。
アレルギー症状は体内でヒスタミンの働きが過剰になることによって現れるので、そのヒスタミンの働きを抑えることでアレルギー症状が改善するのです。

抗ヒスタミン薬というのはオロパダジンの他に沢山の種類のものが存在しますが、そんな中でもオロパダジンは最もアレルギー症状を抑える効果が強い薬の一つと言われています。
このため、医療現場においても、他の抗ヒスタミン薬でアレルギー症状が改善しない場合にはよくオロパダジンが処方されます。
他の抗ヒスタミン薬は近年多くの種類のものが一般用医薬品としてドラッグストアでも購入できるようになりました。

一方で、オロパダジンを有効成分として含有する一般用医薬品は存在しないため、ドラッグストアで購入することはできません。
なぜ、ドラッグストアで販売されていないのかというと、他の薬よりも効果が強い分、副作用も起こりやすいことが一つの要因として挙げられます。
オロパダジンの医療用医薬品を服用して、劇症肝炎という副作用が起こして、死亡した例もあります。

あくまで、ドラッグストアで購入できる医薬品というのは、専門知識のない一般人が自己判断で使用しても重篤な副作用が極めて起こりにくいと考えられる安全な薬です。
オロパダジンは副作用による死亡例もあり、この安全性の基準には該当しないため一般人がドラッグストアでは購入できないように規制されているのです。
アレロックや、パタノールの通販サイトを利用する方法もありますが、購入の際は慎重に考える必要があるでしょう。

オロパダジンの副作用を詳しく知る

オロパダジンの最も怖い副作用はここまででも紹介した劇症肝炎です。
劇症肝炎とは、高度の肝機能障害と肝性脳症を起こしている比較的重篤な肝炎の状態を指します。
劇症肝炎の前兆症状としては、発熱や倦怠感といった風邪のような症状が現れます。

その他、吐き気や嘔吐といった消化器系の症状も前兆症状として現れることがあります。
そして、皮膚の色が黄色くなったり、尿の色が濃くなってしまいます。
その後、肝機能低下が重篤になると肝臓での代謝機能が不十分になり体に悪いものが体内にたまってしまうようになり、脳に機能障害を引き起こします。

脳に機能障害が起こると、意識障害が起こり、せん妄や興奮状態に陥ってしまいます。
さらに、劇症肝炎が起こると腎機能低下、播種性血管内凝固症候群などの合併症が起こってしまうこともあります。

特に怖いのは播種性血管内凝固症候群で、これによって全身のあらゆる部位で血栓ができて血流が滞り、多くの臓器の機能に障害が出る恐れがあります。
また、そのように血液の凝固が多発することで、血小板等が減少してしまい、本来血液が発揮すべき血液凝固機能が障害されてしまいます。
こういった場合は血小板を輸血しなければ、全身で出血が起こりやすくなってしまいます。

このような劇症肝炎が他の抗ヒスタミン薬よりもオロパダジンで起こりやすいのです。
このためドラッグストアでは購入できないようになっているのです。
ちなみに、劇症肝炎以外にも、抗ヒスタミン薬に共通する特徴的な副作用である傾眠もオロパダジンでは起こりやすいです。
眠気が起こっている時に車の運転など危険な作業をすると命を落としかねないので、こういった理由からもドラッグストアでの販売は認められていないのです。