• ホーム
  • ヨーグルトは花粉症以外のアレルギーにも効く

ヨーグルトは花粉症以外のアレルギーにも効く

ヨーグルトが花粉症に良いと言われている理由の一つは、乳酸菌が多く含まれているからです。
乳酸菌とは乳酸を産出することができる菌のことで、腸内に生息している善玉菌の一種です。
一言で乳酸菌といってもその性状によっていくつかに分類されます。
ヨーグルトは乳製品を由来するため動物性乳酸菌になります。

腸の中は善玉菌と悪玉菌が共存して、その割合が常に変化しています。
この善玉菌と悪玉菌は人にどのような影響を与えるかによって分類した呼び方です。
善玉菌が多くなっていると腸内環境が整っている状態と言えます。
逆に悪玉菌が多い場合は、腸内環境が悪化している状態になります。
悪玉菌が排出する有害物質は血液を通して全身に廻ります。
その有害物質が皮膚に届くことで肌荒れなどの原因になります。
また、免疫機能にも影響を与えることになります。

免疫機能が正常に機能しなくなると、ウィルスへの抵抗力が弱っているため、風邪や食中毒、インフルエンザなどに感染しやすくなります。
また、アレルギー反応が出て花粉症やアトピーなどを発症することになります。
アレルギーは体の免疫機能が異物を排除しようとする働きです。
その機能が過剰に反応することで花粉症など生活に支障が出ることになります。
そのため、腸内環境の悪化によっていろいろなアレルギーが発症する恐れがあります。

これらが、花粉症を治すためにはヨーグルトが良いと言われている理由です。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸に届くことで、善玉菌を増やす効果があります。
また、乳酸菌が産出する乳酸は、悪玉菌が増殖するのを抑制する働きがあります。
善玉菌の割合が増えることで弱っている腸内を改善できるので、免疫機能が正常化する効果が期待できます。
悪玉菌が排出していた有毒物質も低下して血液を通して身体中に与えていた影響が減少するはずです。
結果として、免疫機能が正常に機能することで過剰な反応が弱まり、アレルギー反応を抑える効果があります。

腸が弱っているせいで出たアトピーに効果的な理由

腸の機能が低下していることがアトピー性皮膚炎の原因の一つになることがあります。
腸内にいる悪玉菌が排出する有毒物質は、肌にも行き着き代謝を抑えてしまいます。
そのため、老廃物質が溜まってニキビや吹き出物を発生させる原因となります。
免疫機能も弱って正常な機能を果たせなくなります。
結果としてアトピー性皮膚炎を発症することが考えられます。

腸内環境は摂取する食べ物の偏りやストレスによって悪化します。
悪玉菌は肉料理やスナック菓子など脂の多い食事を好みます。
不規則な生活は消化不良を起こして腸内での栄養素の吸収を阻害することになります。
このような生活を続けることが腸内環境を悪化させる原因です。
アレルギーが気になりだした人や風邪をひきやすくなった人は生活を見直して腸内環境を改善しましょう。

このように腸が弱っていることが原因で腸内環境が悪化し、アレルギー反応が出ている場合は、原因である悪玉菌への対応が効果的です。
そのためにも善玉菌の積極的な摂取を心がける必要があります。
毎日、ヨーグルトをとることで乳酸菌を体内に取り込み、腸内での善玉菌の割合を高くします。

最近では、機能を強化したヨーグルトが増えています。
より多くの乳酸菌を腸に届けることができるものや、アトピーに効果が高いとされる乳酸菌を多く含むものもあります。
でも、最も重要なのは弱っている腸を正常な状態に戻すことです。
腸が弱っている間は、皮膚のケアをしても間に合いません。

まずは、体内の正常化です。
腸が元気になることで、アトピーの原因を元から断つことができます。
善玉菌を増やすことがアレルギーの原因をなくして、肌の代謝を促進することになります。
早く綺麗な肌に戻す効果が期待できます。