• ホーム
  • 花粉症に一番効くヨーグルトの種類

花粉症に一番効くヨーグルトの種類

クシャミをする男性

花粉症はヨーグルトを食べると症状が抑えられるといわれていますが、どのようなヨーグルトが一番効果的なのでしょうか。
ヨーグルトには乳酸菌が含まれており、乳酸菌が腸内環境を改善し、身体の免疫力を強化してくれます。

特に腸は免疫機能のほとんどをつかさどっているため、腸の中に乳酸菌を増やすことができれば、花粉による症状を抑えることができますので、ヨーグルトは比較的効果的だとされています。
ただヨーグルトの中に含まれている乳酸菌が腸の中に届かなければ、花粉症を抑える効果はありません。

乳酸菌は、胃酸に弱いため、胃酸に強い乳酸菌を摂取することが重要です。
そのため、花粉症に効果があるヨーグルトは胃酸に負けない強い乳酸菌を持つヨーグルトが一番効果的なのです。

またヨーグルトの種類は糖分が入っていないものを選びましょう。
糖分は、腸の中で善玉菌を減らしてしまい、逆に悪玉菌を増やしてしまう作用があるからです。
特に白砂糖は悪玉菌を増やす原因になりますので、ヨーグルトを選ぶ際は、胃まで届く強い乳酸菌が含まれているもの、また砂糖などの糖分が含まれていないものを選ぶようにしましょう。

花粉症に効くヨーグルトを食べる際には、食べる時期も重要です。
花粉症の始まったシーズンに食べ始めても、すぐに効くというわけではありません。
腸内環境を整え、身体の免疫力を上げるためには、花粉症が流行する2、3か月前から花粉症に効くヨーグルトを食べ始めなければ、効果がありません。
体内の免疫バランスがよくなり、花粉症の症状を抑えることができますので、花粉症の辛い症状を緩和させていくことができるでしょう。

身体の免疫力を向上させていくことによって、花粉症の症状を抑える以外にも、体調管理にも役立ち、風邪もひきにくくなるというメリットもありますので、毎日続けていくことが大切です。
腸まで届くヨーグルトは各メーカーから様々な種類のものが販売されていますので、自分の身体に合うものを選ばれるとよいでしょう。

明治R-1ヨーグルトは体調管理にも役立つ!

腸まで届く乳酸菌には、様々な種類のものがありますが、中でもおすすめなのが、明治R-1ヨーグルトです。
OLL1073R-1という乳酸菌が使用されており、乳酸菌名のR-1が商品名にもなっています。

他の種類のヨーグルトと比較すると、栄養価も高く、カルシウムやビタミン、ミネラル、アミノ酸も豊富に含まれていますので、腸内環境が改善され、シミや肌のくすみなどの肌トラブルも改善されます。
便秘解消効果もありますし、ガン細胞を攻撃してくれるNK細胞を活発化させる効果がOLL1073R-1にはありますので、ガンを抑制し予防する効果も期待することができるでしょう。

OLL1073R-1乳酸菌は、ブルガリア菌の一種です。
菌体外に産生する多糖体を多く産出し、免疫賦活作用があります。
花粉症の症状を抑制し、体調管理にも役立ち、インフルエンザに感染しにくくなる効果や風邪もひきにくくなるという効果があることが、研究によって証明されています。

花粉症にも体調改善にも役立つ明治R-1ヨーグルトですが、健康効果を得るためには、たまに思いついたいた時に食べるのではなく、長期的に出来るだけ長く食べ続けることが必要です。
乳酸菌は、腸の中では3日程度、長くても1週間程度までしか生き続けることができません。
健康効果を得るためには、身体によい乳酸菌の量もある程度必要ですので、毎日、食べ続けることが非常に重要なのです。

明治R-1ヨーグルトを食べるのには、適した時間帯があります。
それは、就寝前です。
午後10時から午前2時の間は腸の働きが一番活発に動く時間帯ですので、就寝前か夕食後に明治R-1ヨーグルトを食べる習慣を持つとよいでしょう。

人気記事一覧