• ホーム
  • 花粉症治療は保険が効きます

花粉症治療は保険が効きます

マスクをかける男性

花粉症の原因はあくまでも自分の免疫機能が正常に機能していないことなので、根本的な治療というのは難しいものです。
しかし症状が酷い場合は日常生活がままならなくなることもあり、何とか症状を緩和しようと病院で対処療法が行われています。

最近では花粉症に悩まされる人が増加していることもあり、従来とは違った様々な治療法が開発されてきています。
中には根本から原因を取り除いて完治させられるものもあり、どうせ病院に行っても良くならないと諦める必要はありません。

治療の方法ごとに効果の得られる期間や特徴が異なりますが、中でも注意しておきたいのが保険が効くか否かです。
人によっては長期の治療が必要になることもあり、保険適用されていないと高額の治療費がかかってしまうこともあります。
病院での治療を検討している場合は、保険が効くものから優先して選ぶようにしましょう。

最新の花粉症治療としては、まずレーザー治療が挙げられます。
花粉症とレーザーは一見何の関係も無さそうに見えますが、レーザーを使って鼻の粘膜の表面を焼き固めることで花粉の侵入を防ぐことができます。
粘度のある粘膜の状態のままより、固まってかさぶたのようにカサカサになっている方が当然花粉はくっ付きません。
粘膜部分をごく浅く焼くだけで肌にはダメージを与えないため、ほとんど腫れることもなく出血や痛みなどもありません。

ただし、粘膜はいずれダメージを修復して再生するので、花粉シーズンごとに手術を受ける必要があります。
手術とは言っても日帰りで受けることができるので、そこまで負担にはなりません。
誰でも受けることができて保険も効き、鼻づまり症状が強く出る人には特に適しています。

高周波電流を利用した治療も普及しつつある

レーザー治療の場合は鼻の粘膜をダイレクトに焼くのですが、高周波電流は粘膜の下に特殊な電流を流すことで細胞を壊死させる方法です。
細い専用の針を粘膜の下に刺し込み、高周波電流を発生させると周辺の細胞がダメージを受けて壊死します。

粘膜の内部が破壊される関係で腫れが出ますが、3週間から2ヶ月ほどで腫れは引き、同時に鼻づまりなどの諸症状が解消されます。
これも一定期間経つと組織が再生してしまうので、毎年手術を行わなければなりません。
レーザー治療と同じく保険が効き、鼻の症状が特に酷い場合にお勧めです。

手術を受けるのが怖いという場合は、舌下免疫療法が適しています。
口の中に花粉から抽出された特殊なエキスを垂らし、わざと体内に成分を吸収させる方法です。
ごく少量の花粉成分をあえて吸収させることで、免疫機能が暴走しないギリギリの範囲で少しずつ身体を花粉に慣らしていくことができます。

腸ほどではありませんが舌も免疫機能が活発に働いており、ここから花粉を吸収させることで副作用を抑えることができますし、自分でも手軽に行えるので非常に便利です。
治療期間は2年以上と非常に長いですが、保険も適用されるので根本から体質を変えたい場合は受けてみましょう。

人気記事一覧