• ホーム
  • 食事を変えるだけでアレルギーが緩和される理由

食事を変えるだけでアレルギーが緩和される理由

薬や治療以外にも食事を変えるだけで、目や鼻に起こるアレルギーを緩和できるといっても、夢物語のようだと信じられない方も居られるでしょう。
でも、これは科学的な理由があります。

アレルギーを持っている方は、食事の内容でタンパク質を摂り過ぎていることが分かっています。
タンパク質を摂り過ぎると消化不良を起こし、腸壁をアミノ酸になるまで分解されないまま通過して、体内に吸収されてしまいます。
アミノ酸になっていないタンパク質は異形であり、腸内では免疫細胞がこれを発見して攻撃対象とします。
これで抗原抗体反応を起こし、アレルギーを発症します。
困ったことに、この免疫細胞は異物としてタンパク質を記憶してしまい、食事のたびに攻撃対象となるのです。

日本人は平均して30%ほど、タンパク質を摂り過ぎているという調査結果もあるほどです。
タンパク質といっても、人間が生きるために必要なアミノ酸をすべて含んでいるものは卵としじみだけだとご存知でしょうか。
アミノ酸の含有量は少し減りますが、サンマやイワシ・鶏肉を使った食事に変えることで、アレルギーの緩和が可能となります。
タンパク質にはそれぞれに含まれるアミノ酸の量や、内容が異なっています。
同じ物、好きな物ばかりではなく、さまざまな食材からバランスを考えながら食事を摂ることが治療の一貫でもあるのです。

そしてアミノ酸のメチオンは、体内に入るとかゆみの元となるヒスタミンの濃度を下げる効果があります。
このメチオンが不足すると、アレルギーのかゆみを起こし易くなります。
メチオンを含む食材はしらす干しやかつお節、のり・湯葉・全粒小麦などです。
ぜひ、積極的に摂るように心がけてみましょう。

また、動物性のタンパク質を分解するには、ビタミンB6を必要とします。
ビタミンB6は身体に重要なタンパク質を合成する酵素を助ける役目があり、免疫細胞を正常にしてくれます。
タンパク質1gを分解するのに、ビタミンB6を0.016mg必要としており、サンマやカツオの他、バナナやアボガドなどに含まれます。

食事内容がアレルギー治療薬の効果を阻害する可能性

アレルギーの治療として薬を服用しているのに、効果があまり感じられないというには理由があります。
もしかすると、砂糖が関係しているかもしれません。
砂糖は知らず知らずに食事以外でも、スナック菓子やジュースなどで身体に入ってしまいます。

小学生の高学年では1日に200gの砂糖を摂っている、という調査結果が報告されています。
砂糖を過剰に摂取すると、砂糖は腸で膨張し腸壁を傷つけます。
腸壁を傷つけることでバリア能力が低下してしまい、さらに腸内細菌の悪玉菌が増加して腸内細菌のバランスを乱してしまいます。
そして、副腎を疲弊させるので炎症を抑えられなくなり、起炎物質のヒスタミン放出も増えていきます。
薬の効果が感じられない理由として、油を考えて見ましょう。

食事の内容を振り返ってみて、トランス脂肪酸をどれくらい摂っているか思い出してみてください。
トランス脂肪酸はマーガリンなどのほか、フライドポテトやレトルトカレー、クッキーやスナック菓子の調理や、コーヒー用のミルクなどに含まれています。
トランス脂肪酸は化学溶剤をしようして精製された、溶剤抽出法で製造されます。
自然界には存在しない油で、体内では分解できずに蓄積していきます。
蓄積されたトランス脂肪酸は血管内に入り込み、細胞膜を弱くして身体に毒となる異物を簡単に通過させる状態になります。

このために、皮膚や粘膜の細胞膜を弱めるので、アレルギーを発症させる原因となるのです。
トランス脂肪酸はホルモンと同じ働きをする、生理活性物質のプロスタグランジンE1とE3の産生を阻害することも判明しています。
このプロスタグランジンE1とE3はアレルギーを抑制してくれるのですが、マーガリンなどトランス脂肪酸を食べることで造れなくなってしまいます。